Menu
おしゃれオフィス探訪!吹き抜けが開放的な会社「ブレーメン」

TITTLE おしゃれオフィス探訪!吹き抜けが開放的な会社「ブレーメン」

休日にはBBQも!
開けた空間が心地いい
「空を見上げる」オフィス。
2019.12.23 Town

TITTLE おしゃれオフィス探訪!吹き抜けが開放的な会社「ブレーメン」

休日にはBBQも!


開けた空間が心地いい


「空を見上げる」オフィス。

おしゃれオフィス探訪!

「働き方改革」と叫ばれて久しいですが、オフィスがおしゃれだということも働く人たちの士気を高める要素のひとつかもしれません。
今回は高円寺は南にある株式会社ブレーメンと株式会社アートファイヤー(同オフィスで運営)に訪ねてきました!

※なお、株式会社アートファイヤーにて企画開発を行った「アートファイヤー」という次世代キャンプアイテムについての記事はこちら。
炎を虹色に変化させる「魔法の粉」アートファイヤー開発のきっかけは?

吹き抜けが特徴的なオフィスは開放感があるので、リラックスしながら新しいアイデアも活発に浮かびそう!

日差しの入る空間

日差し

プロダクトの企画と輸出入を主に行うオフィスは全体的に白を基調としており、真ん中に大きくとられた中庭に接する面はすべてガラス窓(8~9mほどはあるそう!)になっているため、晴れの日であればどこにいても光が差しこみます。

螺旋階段

こちらはその中庭に続く螺旋階段。

中庭

内側から見た中庭。もともと広々としたオフィスではありますが、全面ガラス張りだとより広がりを感じるので、おしゃれなだけでなく、どこか柔らかいムードが漂う空間です。

吹き抜け

中庭部分は天井がなくそのまま吹き抜けになっているので、思わず見上げて空を仰ぎたくなります。
休みの日はここに友人やスタッフを呼んでBBQをすることもあるそう。

株式会社アートファイヤー代表の猪狩紳也さんは「そういうのが日ごろのストレス解消にもなって、明日からまたがんばろう、世界を変えていこうっていう気持ちにさせてくれますね(笑)」と冗談めかして教えてくれました。

執務スペース
(螺旋階段から見下ろした執務スペース。写っているのは猪狩紳也代表)

明るい空間で関係性もフラット

執務スペース

普段オフィスには5,6人のメンバーが常駐。
実際にこんな感じで働いているそうです。
執務スペースの左側にはキッチンが続き、ブレイクもしやすい雰囲気。
休みの日にBBQをするときはここで下ごしらえをしてみんなで中庭に持って行くのだそう。

キッチン
(キッチン横には太陽光代わりにライトが設置された植物が飾られています)

応接室

執務スペースがフラットでオープンな一方、応接室は中庭を抜けて階上にある個室。
個室といってもガラス張りなので開けた雰囲気ですが、秘密のお話をするときはブラインドを閉めるとクローズドなシーンにも使用できます。
よく見ると右端にギターが置いてあり、代表の趣味もうかがえるよう。

おしゃれオフィスで作られているのは?

日々フラットな環境で繰り広げられている事業の一部をのぞかせていただきました。

包丁

こちらは、料理人の9割の和包丁が作られているという大阪・堺の職人とコラボレーションしたプロダクト「恵比寿刃」シリーズの“hana”。
1本1本、すべての工程を手作業で行い、パッケージも国産にこだわった恵比寿刃は、日本のみならず海外でも人気を集め、ドバイの高級ホテルをはじめ、30か国以上で愛用されているのだそう。

「日本のいいものを海外に広め、海外のいいものを日本に広めたい」というコンセプトのもと、ほかにもさまざまなプロダクトを企画、輸出入しています。

執務スペース

アーティストの展示作品などの大判プリントサービスも行っているため、大きなプリンタも置いてあります。
積極的に若手クリエイターの活動支援をしており、今までコスト面が理由で発信する場を設けられなかった方々に新たな機会やきっかけを作っているのだそう。

ご相談は常時受け付けているそうなので、気になるクリエイターさんはこちらからお気軽にご連絡を。
株式会社ブレーメンお問い合わせフォーム

展示作品

こちらは最近出力されたばかりだという「ア・パート・オブ・ユア・ボディ」というアーティスティックなランジェリーブランドのビジュアル。
2020年1月11日(土)・12日(日)の2日間にわたって中目黒にある「Gallery 7℃」にて10時~19時まで試着もできる展示会を開催予定だそう。

▼Instagram
@_yuvikawano

過ごしやすさが働きやすさに

忘年会、新年会の予定も本番化する時期ですが、通常、勤め先のスタッフたちと集まるとなると、幹事が積極的にスケジュール確認を行い、そしてお店の予約をとり、ようやく開催となるかと思いますが、そもそも会社が集まりやすい雰囲気だとカジュアルにそういったシチュエーションにシフトできそうでいいですね。

人と人、オフィスとの距離感がとてもナチュラルで、普段からメンバー間は接しやすく、仕事への向き合い方は真剣ながら軽やかなムードが漂うオフィスでした!


▼ご協力いただいたオフィス▼ 株式会社ブレーメン
株式会社アートファイヤー

 

浦田みなみ

ballooo編集長。
派手な服ばかりを着ているわけではない。
なによりもねこを愛していきたい。
2018年、「#休日クリームソーダ日和」結成。(活動中)
2019年、満を持して天城越えを達成。