Menu
新星バンドPARIS on the City!ずるいくらいの多面性にはまりそう

TITTLE 新星バンドPARIS on the City!ずるいくらいの多面性にはまりそう

クリスマスイブにワンマンliveを控えた
今大注目の新進気鋭バンドに
深いところまでいろいろ聞いちゃいました!
2019.12.12 Interview

TITTLE 新星バンドPARIS on the City!ずるいくらいの多面性にはまりそう

クリスマスイブにワンマンliveを控えた


今大注目の新進気鋭バンドに


深いところまでいろいろ聞いちゃいました!

一筋縄ではいかない「PARIS on the City!」

決して奇をてらった風情はない。
耳心地がよく、おそらくほとんどの人間が初めて聴いた瞬間からすんなりと受け入れてしまう。
なのに、ただ軽快なメロディーを奏でているだけではない、どこかひっかかりを感じる。
それがPARIS on the City!(パリスオンザシティ)である。

爽やか、軽やか。
彼らの楽曲を表現するとき、最初に出てくる言葉はそんな感じかもしれない。
だけどその中には、ユニークなタイトルと時折毒を潜ませたような歌詞のもつ「コンプレックス」にも似た弱い部分が内包される。

「ゆかりのある場所でインタビューさせてください」と言うと、指定されたのは中野。
多面性に富んだ立体的な楽曲をプレイする彼らのルーツを知りたくて、プライベートな部分にフォーカスをあてていろいろ聞いてみたら思わぬ深みにはまってしまった。

なお、TOP写真は『悪魔の遊歩道』のMVに使われた場所で撮影させていただきました。

小林ファンキ風格
(YouTubeで検索して「懐かしい~!」と笑顔を見せる小林ファンキ風格さん。いい顔!)

パリのシティ感から和式トイレまで

―ゆかりのある場所ということで中野を選ばれた理由は?

明神さんと阿久津さん
(左から明神ナオさん、阿久津信也さん)

Vo/Gt 明神ナオ(以下、明神):メンバー4人で初めて集まった場所なんです。
僕がSNSで集めたんですけど、中野のガストで一回顔合わせしましょう、ということになって、「こういうバンドにしていきたい」っていうのが決まり、それから週1,2日、中野で練習しています。

―中野で会うことになったきっかけは?

Dr/Cho 阿久津信也(以下、阿久津):俺が中野のスタジオで働いていて、初めて明神と音合わせたのもここだったんですよね。
その流れで自然と4人が集まって練習場所になったっていう。

―ほかに思い出の場所はありますか?

Gt/Cho 小林ファンキ風格(以下、小林):お台場でしょ。
明神:そうだね。初めてアーティスト写真を撮ったのがお台場海浜公園で、その後『あいつみたいなロックバラード』って曲のMVもお台場で自分たちで撮影したんです。

阿久津:PARIS on the City!って名前に合うアー写ってどこで撮れるかなって考えて。
小林:そう、海っぽい感じ。
阿久津:パリっぽい感じと。
明神:爽やかさ且つシティ感が欲しかったので、海と、あとビルが建ち並ぶ感じがいいんじゃないかなって。

―なるほど、じゃあメンバー同士でゆかりがあるのは中野とお台場。
それぞれ出身が違いますけど、個人で思い出の場所はありますか?

明神:そうですね、まずは地元の高知、その後、僕が音楽を始めたきっかけは関西にあって、神戸と大阪なんですよ。
そこから上京して初めて住んだのが埼玉。
週1で越谷レイクタウンに行っていたので結構思い出があります。

田中裕一
(田中裕一さん)

Ba/Cho 田中裕一(以下、田中):それでいくと俺は川崎です。
あの、ちょっとガラの悪そうな…。
阿久津:ゴッサムシティ。
一同:(笑)
(インタビュー直前、映画『ジョーカー』の話をしていたのでした)

田中:うん、日本のゴッサムシティに住んでいたので、昔。
阿久津:だからサイコパスなんだ(笑)。
田中:だれがサイコパスや(笑)。

明神:なぜ福井から川崎に?
田中:もともと就職でこっちに来てたから。
川崎の工業地帯で働いてたんですよ、だからずっと川崎に住んでいたし、思い入れは深いですね。
よかったら案内しますよ、川崎のゴッサムシティへ。
あくっちゃんは?

阿久津:代田橋ですかね、東京に来て最初に住んだのがそこだったので。
厳しい世界に入っているわけだから贅沢しちゃいけないと思って家賃の安いところを探して、代田橋って相場は高いんですけど3万9,000円くらいのところを見つけて。
一同:安っ!

阿久津:壁が薄くて、トイレも和式で。
小林:あーでも感慨深いね。
田中:わかる。俺も最初は和式だった。
阿久津:今はあんまり和式のところないけど、たまに見つけると未だに感慨深いものがあるよね。

明神:でも和式の方が体にはいいらしいよ。
腸の形がベストの状態らしくて、だから洋式のときも脚上げた方がいいらしい。
小林:今まで見せたことないような真剣な顔で話すじゃん(笑)。
明神:そう、ちょっとね、2020年から変わっていこうと思って。
田中:変えていこう、トイレの仕方から。

PARIS on the City!

阿久津:僕たちの音楽を聴いてインタビュー追っていると健康的な情報が手に入る。
そういうバンドを目指している(笑)。
小林:生活に寄り添ったバンド。
明神:健康でありたいですなぁ、4人とも(笑)。

プライベートは意外とメンバー同士も知らない

―ヘルシーなバンドっていうのがまとまったところで(笑)、普段空いた時間はなにをしていますか?

阿久津さん
(カメラ目線がお茶目な阿久津さん)

阿久津:お前らなにやっとんじゃ!
田中:なんか怖いんだけど(笑)。阿久津さんこそなにやってんの?

阿久津:今は結構live観に行ったり、あとは疲れるとめっちゃ寝ちゃうので、半日空くと結構寝続けていますね。
田中:なんかおもしろいね、普段こういう話しないし。みんなは?

小林:俺は…筋トレかギターですね。
「こいつ真面目だな」って思われちゃうかもしれないんですけど、練習のときに録音しておいて、それを筋トレしながら聞いています。
そうすると音楽をやっていない人の視点で客観的に聴けるような気がして…。

小林さん

阿久津:すごいな、そんな風にして聴いてるんだ?
小林:そう、音楽と関係ないことをしているときに聴くと「ここダサイな」とか見えてきて…。
そんなことをしてにやにやしています(笑)。
ちょっとゾーンに入っちゃうところがあって、「筋トレしている俺かっこいい」みたいなのに浸っている(笑)。

阿久津:でもそういう気持ち大事よね。俺にはないからなぁ。
田中:じゃあ、あくっちゃんも筋トレしてみたらいいんじゃない?
阿久津:まぁちょっと市民プールとかは行ってみたいとは思う。
小林:そういうところで普通のおじちゃんたちと仲良くなりたいよね。
「おっ阿久津くん」「あ、どうも、こんにちは!」みたいな(笑)。

田中:(笑)でもそういう庶民的なところ大切だよね。
阿久津:わかる。それで言うと、明神さんはまじでプライベートなにやっているのかわからん。
大体パソコンで作業しているっていうイメージだけど。

明神:まぁ気分によって、映画観たり、本読んだり、買い物行ったり…。
小林:なんかこの人が休日にディズニーランドに行っているところとか想像できなくないっすか?
明神:いや、好きっすよ僕(笑)。
田中:絶対嘘だもん(笑)ジェットコースターとか乗らずにパレード見るタイプ?
明神:まぁそうだね、高所恐怖症だからね。雰囲気を楽しむっていうか。

田中:たしかに映画もそうだし、作られた作品とかものの世界観を見るのを楽しむっていう雰囲気はある。
明神:いや、どうかな?(笑)
田中:ちゃうんかい(笑)。

明神さんと阿久津さん

明神:あのね、最近思うんだけど、僕リアルなものが好きなんですよ。
ディズニーランドに行くっていうのも実際に自分が体験するっていうのがいいっていうか、本とか映画も好きなジャンルを絞っていったらリアルなものが多かったりして、自分に近しいものがおもしろいというか…。
たとえばバイオハザードも最初からゾンビが出てくるわけじゃなくて、日常の暮らしの中で急にやってくるっていう方のが怖くない?
ってこれ、全然休みの日の話と関係ないけど。

小林:でも趣味に没頭しているってことでしょ?
田中さんはあれですよね、いつもおしゃれなカフェとかかわいいところ行ってますよね?
阿久津:北欧のかわいい家具とか見てそう。
田中:いや、そういうのは全然(笑)。カフェも最近は時間がなくてそんなに行ってないよ。
アマプラ観たり、あとはApple Musicに登録したから、関連アーティストとかで聴いたことのない曲を聴いたり…。
明神:ちょっと似ているかも。

最近の曲づくりは「ひっかかるもの」がキーに

―インプットの時間にあてているって感じですかね。
そういうのが曲づくりの糧になっているんでしょうか?

明神さん

明神:うーん、どうなんだろう…。
以前は自分がなにかの場面を想像して、そのときの感情を想像して歌詞にすることが多かったんですけど、最近は曲の作り方も変わってきていて、そういうことを決めずに、なにか引っかかる言葉の表現を探しているっていう感じなんですよね。

―キーワードやフレーズから膨らませていくっていう感じですか?

明神:そうですね、本とか映画のタイトルからも引っかかるものをずっと探していて、それが自分の中でたまったときに歌詞として吐き出しているっていうイメージです。
メロディーに違和感のある歌詞がのっかったときに「うわ、自分にしかできないものがある!」と思えておもしろいんですよね。

―じゃあ自分の体験を歌にしているわけではない?

明神:うーん、どうなんですかね。
実際に自分が体験したことや感じたことじゃないとわからないし、わからないと言葉って生まれてこないと思うので、結局は体験談になるような気がします。

―たしかに。だから自分に近しいリアルなものを求めたり、実際に体験するのが好きなのかもしれませんね。

明神:うーんそうですね…すいません、難しい…。
小林:うん、むずいな。
でもそれだけ奥が深いというか、簡単にすっと入ってこない歌詞がいいと思うので、その分ギターはキャッチーにしたり、シンプルにしたりっていうのを意識しているかもしれない。

田中さんと小林さん ―たしかに、メロディーがとても爽やかで耳なじみがいいのに、よく聴くと歌詞にひっかかる部分がある、という曲が多いように感じます。

明神:そうなっちゃうっていう感じですね。
やっぱり自分の思いを書かないと説得力もないし、それしか書けないですよね。
結構むき出しで歌詞作っています。

―去年のキャッチコピーで「恋愛恐怖症男4人組」というのを見たんですが、それもむき出しに表現しているんでしょうか?

明神:2018年の4月に『櫛』っていうシングルを出したんですけど、そのときに「僕たちはこういうバンドだ!」っていうわかりやすいキャッチコピーが欲しくて、打ち合わせの帰り、田中と電車に乗って話していて浮かんだんです。
そのときは恋愛に焦点を絞ってコンプレックスを描いた曲が多かったので。

田中:でも今それにとらわれている感じはないですね。
あくまでも2018年はそうだったというだけで、バンドとしても変わっていっているので、また僕たちを表現する言葉も変わっていく可能性があると思っています。

相反する気持ちは常に共存

―ちなみに少し話が変わるんですが、軽快なメロディーに一筋縄ではいかない歌詞がのっかるというところに相反するアンビバレントな感覚を思うのですが、普段からそういった、違う思いが同時に湧き上がることはありますか?
恋愛だと「好きだけど嫌い」のような…。

明神さんと阿久津さん

明神:あ、『この世で一番嫌いな君を』っていう曲があるんですけど、やっぱり「嫌い」っていうのも興味をもっているってことなので、結局「好き」と「嫌い」は一緒なのかなって思います。

―たしかに「好き」の反対は「嫌い」じゃないし、表裏一体ですよね。

小林:その話の延長で、恋愛ではなく生き方の話なんですけど、今までは「好き」か「嫌い」かで判断していたのが、バンドをやってからは楽しいと思う瞬間も嫌だなって思う瞬間もあって、でも「嫌だ」と思った感覚のまま突き進んでしまったら空っぽの生活になると思っているんです。
だから今は好きと嫌いの振り幅を実感しながら「嫌い」も愛するようになったと感じています。

―深い…。それって筋トレのときの姿と重なりますね。
「嫌い」と思っている自分も俯瞰で捉えて好きになる、というか。

小林:なんかはずかしい(笑)。
でもそうですね、僕も自分で20代後半の意識高い系男子が筋トレしているっていうのをばかにしている部分があると思うんですよ。
でもそれをいじりたい気分もありながら、そういうのも純粋に好きだし、どっちの感覚も楽しんじゃってる…うん、それですね、俺の休日それです(笑)。
一同:(笑)

田中さんと小林さん

小林:ただ、こういうはずかしい部分と素直に好きになる部分のゆらぎってだれにでも絶対あるじゃないですか。
SNSで「私今こんな休日送っているよ」って発信したいけど、はずかしいからできないと思うせめぎ合いとか。
そういうのを「わかるよ」って共感できるバンドになりたいなって思うんです。
直接そう表現してはいないけど、たまに歌詞から勝手にそういう部分を感じることもあります。

阿久津:わかる。人付き合いもそうかもしれない。
こないだ兄貴と久しぶりに会って飲んだときに、これからどうなりたいか、とか、そのためにはどうしたらいいか、とか話してめっちゃおもしろかったのね。
でもたまに昔の知り合いと飲むと過去の思い出で盛り上がるんだけど、特に目標を持っていない人だからなにも生まれないなって思ってしまったり…。
わがままだから「この人と飲んだときに自分のためになることはあるかな」って考えちゃうことがあるんです。

田中:なるほどね。でもたとえばコバは楽しいことも嫌なことも受け入れるとメリハリがあって生きている実感があるって言ってたけど、その実感っていうのも一人一人違うと思うのね。
だからあくっちゃんが思うものと違うものを持っている人と会うっていうのは結局自分の身になると思うよ。

田中さん

阿久津:でもそれは目標とか野心がある人の場合じゃない?
小林:すげえな、トークセッションみたい(笑)。
田中:(笑)俺の周りだと結婚している人が多くて、持ち家があって車も持っていて、子どももいて、幸せで、そうなるともう特に今後の目標はなくしているように見える人もいるわけ。
そういう人たちとも分かち合う気持ちは必要なんじゃないかな。

明神:その人たちからなにかを学ぼうとしてみたらおもしろいんじゃない?
阿久津:あーなるほどね。
小林:俺も今同じことを考えてて、最近周りで結婚する人が増えてきて、友だちとサッカーすると子どもを連れてきている人も多いんですよ。
その光景を見て思うのは、僕は僕で今自分が表現したいことを突き詰められて幸せなんだけど、彼らも好きな人と結婚して幸せに生活していて、そういう自分にはない価値観に触れるといろんな感情が湧くんですよね。

阿久津:なるほどね、たしかに「この人と飲んでもなにも生まれないな」って思うのは相手のことをなめているのと同じかもしれない。
小林:でもそういうハングリー精神も絶対大事だと思う。
阿久津:だから俺、年上が好きなんですよ。
かっこいいって思ったら、なにを考えているのか、普段なにしているのか全部聞きたくなっちゃう。
それが一番モチベーションになるような気がする。

―すごい、野心家ですね。でもメンバー間でもそれぞれ違う考えがあるっていうのがバランス良くていいですね。

2019年クリスマスイブにはワンマンlive開催!

―12/24、クリスマスイブに渋谷クラブクアトロで開催されるワンマンliveについてお聞かせください。
今回プロモーションをクラウドファンディングmuevo(ミュエボ)で行われていますが、まずは300%達成おめでとうございます!
もともとどうしてクラウドファンディングを始めたのでしょうか?
(※クラウドファンディングは既に終了しています)

小林さん

一同:ありがとうございます。
小林:僕らとしては去年の年末にTSUTAYA O-WESTでワンマンliveっていう高いハードルをがんばったっていう実感があったんですが、今年はそれを超えないといけないという気持ちで4人でいろいろ考えていたときに、所属しているワイキキレコードのサカモト社長が提案してくれたんです。

―アーティストのクラウドファンディングというとCDを作るための支援などを募集するのはよく見ますが、達成率に応じてliveの設備を変えていくというスタイルは新しいと感じました。
(※100%達成…渋谷でのプロモーション/200%達成…2020年地方ツアー、有料プラン購入者全員に新曲CDプレゼント/300%達成…live映像を定点カメラ→5箇所カメラにアップグレード、有料プラン購入者全員にニク・ジャガーさんのイラストシール、参加者全員にlive音源2曲のデータをプレゼント)

明神:今応援してくれている人たちと一緒に形づくっていきたいという気持ちだったんです。
小林:明神も多くの人間の微かな心の動きを表現していますが、お客さんも十人十色でいろんな価値観があると思うので、そこに僕らが触れることでまた新しい発見があるかもしれないし、単純に一緒に盛り上がりたいっていう一体感を求めて始めたって感じですね。

―たしかに0円プランはまさしくそういう気持ちから作られたということですよね。

小林:そうですね、多くの人たちに支援してもらって(達成度は驚異の361%!)、本当にみんながいいliveにしようという思いでいるんだなっていう実感が湧きました。

新曲のタイトルは誕生日プレゼント

―それでは最後に、新曲の『めぐるちゃん』(11/13~配信中)についての思いをお聞かせいただけますか?

明神:今までのPARIS on the City!とこれからのPARIS on the City!のちょうど中間という感じの曲で、2020年の活動をにおわせるような作品になっています。
ここをきっかけに変わっていこうと思っていて、タイトルもあえて適当につけたんです。
僕の誕生日に阿久津がホットアイマスクをプレゼントしてくれて、その「めぐりズム」からとりました(笑)。
一同:(笑)

明神さんと阿久津さん

明神:その日のうちに決めたので、あのときにあれをもらっていなかったら別のタイトルになっていたかもしれない。
歌詞の世界観についてはあまり見方を決めつけたくはないので、自由に捉えてほしいです。

―2020年はどうなっていくんでしょうか?

明神:4人みんなが音楽にもっと近寄っていきたいというか、やりたいことを突き詰めて一音一音を大事にこだわりながら密度の濃い作品を作っていきたいと思っています。
新曲もたまっているのでアルバムを出したいという気持ちもあるんですが、4人全員が本当に納得のいったものを一曲ずつ丁寧に作っていきたいっていうのが2020年の目標ですね。
あ、もちろん今までの曲に納得がいっていないわけじゃないですよ(笑)。

―もちろんです(笑)。来年どんな名曲たちが生まれてくるのか今から楽しみです!

メンバーが撮った「写ルンです」

今回、取材の際に写ルンですをお渡しして、各々自由に「好きなもの・こと」をテーマに撮影してもらいました!
どの写真をだれが撮ったのか想像しながら見てみるととても楽しいです。

写ルンです 写ルンです
写ルンです 写ルンです
写ルンです 写ルンです
写ルンです 写ルンです

 

ますます今後の活動が楽しみなPARIS on the City!ですが、メンバー同士でも普段は話さないという価値観や人生観に関する深いお話も聞くことができて、彼らの人となりが少し垣間見えたような気がしました。
けれどそれは、来年に向けて曲の作り方や音楽への接し方を進化させている中で、今後さらに時間の使い方、ひいては考え方も変わっていくので、ほんの一部分を覗き見ただけにすぎません。
奥の深いこのバンド、インタビュー終了後に言っていただいた「来年も取材してくれたらまた成長していると思います」という言葉が気になって仕方ありません。

PARIS on the City!

PARIS on the City!ワンマンlive

◆RHAPSODIE ON THE CITY!

公演日:2019.12.24(火)
会場:渋谷クラブクアトロ
開場/開演:18:00 / 19:00
料金:前売 ¥3,000(ドリンク¥600別)
チケット:
イープラス
ローチケ
お問い合わせ:渋谷クラブクアトロ TEL:03-3477-8750

浦田みなみ

ballooo編集長。
派手な服ばかりを着ているわけではない。
なによりもねこを愛していきたい。
2018年、「#休日クリームソーダ日和」結成。(活動中)
2019年、満を持して天城越えを達成。