Menu
「ミス・インターナショナル2019」美の競演・岡田朋峰さんは神田うのさんデザイン着物で登壇
第59回ミス・インターナショナル世界大会
各国から出場者が来日!
2019.10.29 Event

TITLE 「ミス・インターナショナル2019」美の競演・岡田朋峰さんは神田うのさんデザイン着物で登壇

第59回ミス・インターナショナル世界大会


各国から出場者が来日!

ミス・インターナショナル会見に岡田朋峰さん登壇

2019年10月28日(月)、第59回ミス・インターナショナル世界大会に出場する各国の代表者が集まりました。

岡田朋峰さん
(日本代表の岡田朋峰さん)

日本代表の岡田朋峰さんは華やかな着物姿で登壇。
タレントの神田うのさんがデザインしたもので、亡き父であり22年間、今大会の司会を務めた岡田真澄さんに花嫁姿を見せたかったという思いがこめられているのだそう。
全体的にイエローのワントーンでまとめた姿に煌びやかなゴールドの内掛が映え、髪を飾る大きな白い百合と紫陽花の花という華美ながら上品な装いがお似合いです。

会見では各国、地域の出場者がそれぞれの文化や民族衣装をモチーフにしたコスチュームを身にまとって登壇し、各メディアが印象に残った衣装をベストナショナルコスチューム賞として投票する一幕も。

各国の印象的な衣装を振り返る

登壇者の人数は83名。
オセアニア、アフリカ、アジア、ヨーロッパ、アメリカ、多くのエリアから代表者が集まりました。

一部ではありますが、それぞれの衣装とともに振り返ってみましょう。

ハワイ代表
(ハワイ代表のラケル・バスコさん)
ナイジェリア代表
(ナイジェリア代表のアリス・ドゥケ・インヤングさん)
シンガポール代表
(シンガポール代表のシャロット・ルシード・チアさん)
スウェーデン代表
(スウェーデン代表のパウリナ・キエルチェヴスカさん)
アメリカ代表
(アメリカ代表のガザル・キルさん)
主催者挨拶
(一般社団法人国際文化協会の下村朱美会長が、国を越えてみんなで仲良くなってほしいと挨拶しているときに、衣装の重みで体調を崩されてしまったドミニカ共和国代表のサイディ・ベジョ・サンタナさんの手をエクアドル代表のアレグリア・トバル・コルドベスさんが握って支えるほほえましい一幕も※写真左)

ミス・インターナショナルについて

ミス・インターナショナル(正式名称:ミス・インターナショナル ビューティ・ページェント)は、ミス・ワールド、ミス・ユニバースと並ぶ世界三大ビューティ・ページェントのひとつ。

国際親善や世界平和など国際社会に貢献しようとする志が高い美しい女性たちが世界中から集まり、「美と平和の親善大使」として国際交流を深めていくのが目的で1960年にアメリカで誕生しました。
以来、7年間はアメリカで開催されていましたが、1970年の日本万国博覧会の開催を記念して日本に開催権が移されています。

今回の会見では、訪日外国人旅行の促進活動をしているビジット・ジャパンの観光特使任命式や、女性への暴力根絶と児童虐待防止を訴えるWリボン贈呈式も行われました。

なお、世界大会本番は2019年11月12日(火)を予定しております。

ビジット・ジャパン観光特使任命式
(ビジット・ジャパン観光特使任命式
田端浩 観光庁長官とチュニジア代表のサッラ・ブラーミさん)
Wリボン贈呈式
(Wリボン贈呈式
橋本聖子 内閣特命担当大臣とベリーズ代表のセリーナ・ウリアスさん)

浦田みなみ

ballooo編集長。
派手な服ばかりを着ているわけではない。
なによりもねこを愛していきたい。
2018年、「#休日クリームソーダ日和」結成。(活動中)
2019年、満を持して天城越えを達成。